2020年01月29日発表の地震予測(20-0011)

 
2020年01月29日にジャマイカで発生したM7.7の大地震で、周辺における過去の事例から今後東北地方から関東地方にかけての太平洋側でM6クラスが発生する可能性があることがわかった。

 

これはカリブ海におけるジャマイカ周辺でこれまでに起きてきたM7.0以上大地震についてその後2ヶ月以内の発震状況を追跡したところ、日本海溝沿いで際立って地震が起きていたというもの。

4例中4例全てで2ヶ月以内にM6クラスが発生しただけでなく、それら全てがカリブ海大地震から1ヶ月以内の発震であり、更に4例中2例では1週間以内であったのだ。

1週間以内だったのは1946年08月にドミニカ共和国でM7.0が起きるとその6日後に発生していた宮城県沖M5.9・震度3と茨城県沖M5.5、そして2010年01月のハイチM7.0で5日後に起きていた三陸沖M5.6・震度2。

他の2例では2018年01月のホンジュラスM7.5で2週間後に青森県東方沖M6.3・震度4、2000年05月のホンジュラスM7.3で10日後に千葉県東方沖M5.9・震度3がそれぞれ発生していた。

青森県東方沖から千葉県東方沖にかけての太平洋側でM6クラス以上の強い地震へと繋がっていく傾向性は否定できない。
 

地震予測:2020年02月29日までに東北から関東の太平洋側でM6クラス以上の傾向性
対象地域:青森県・岩手県・宮城県・福島県・茨城県・千葉県
 

※本内容は当社開発の地震データ解析システム「EDAS1.0(Earthquake Data Analysis System)」を使用しています。
※2020年01月リリースの多地点多重地震データ解析や危険度・発生率計測、直前地震異常値検知機能などを特徴とする「EDAS2.0シリーズ」は「海外地震レポート」「地震データ解析コンサルティング」サービスで利用しており、本予測には使用されていません。

 

結果:
2020年02月06日 M5.7・震度2 茨城県沖
 

PAGE TOP