2020年01月03日発表の地震予測(20-0001)

 
2020年01月03日に千葉県東方沖で発生したM5.9・震度4の地震で、過去の事例から付近で発生した同規模の地震が今後福島県から関東地方、伊豆におけるM5以上に繋がる傾向性があることがわかった。

 

今回の千葉県東方沖M5.9・震度4の地震は千葉県東方沖としては1年半ぶりとなるM6クラスであり、約30kmの深さで発生したが、付近で過去に起きてきた9例についてその後2ヶ月間の発震状況を追跡すると、福島県から茨城・千葉の太平洋側、それに伊豆に至る場所におけるM5以上が目立っていたのである。

9例中、2ヶ月以内にこれらの地域でM5以上が観測されていたのは7例。そのうち3例がM5.5以上のM6クラスに達していたが、注目されるのは千葉県東方沖付近が揺れてから1週間以内に起きていたケースも9例中4例記録されていたことだ。

2013年04月には7日後に福島県沖でM5.0・震度1、1995年01月の際には3日後に新島・神津島近海でM5.0・震度4、1981年09月の時は2日後に再び千葉県東方沖でM5.5・震度2、1961年03月のケースでは4日後に八丈島東方沖でM5.0・震度1といった具合だったのである。

2ヶ月以内にM5以上が発生していた震源としては他にも房総半島南方沖や茨城県沖、三宅島近海でそれぞれ地震が起きていた。
 

地震予測:2020年03月03日までに福島県・茨城県・千葉県・伊豆でM5以上の傾向性
対象地域:福島県・茨城県・千葉県・伊豆・小笠原
 

結果:
2020年01月14日 M5.0・震度4 茨城県南部
2020年02月01日 M5.0・震度3 千葉県東方沖
2020年02月01日 M5.3・震度4 茨城県南部
2020年02月06日 M5.7・震度2 茨城県沖
2020年02月12日 M5.5・震度4 福島県沖
 

PAGE TOP