2019年12月29日発表の地震予測(19-0099)

 
2019年12月26日から27日にかけて天草灘で5回の地震が相次いで発生したことで、過去の事例から付近での連発後に周辺におけるM5以上の地震が起きる傾向性があることがわかった。

 

2019年12月26日19:53 M3.8・震度3 天草灘(深さ8km)
2019年12月26日19:59 M3.0・震度2 天草灘(深さ8km)
2019年12月27日03:09 M3.3・震度2 天草灘(深さ9km)
2019年12月27日06:46 M2.6・震度1 天草灘(深さ8km)
2019年12月27日22:01 M3.0・震度1 天草灘(深さ9km)

天草灘で短期間の間に3回以上の揺れが相次いだ事例は1922年以降7回。これらについてその後2ヶ月以内の国内発震状況を追跡すると、熊本県や鹿児島県など周辺でのM5以上地震が目立っていた。

直近で起きたケースとしては1927年12月04日の午後から夜にかけて天草灘で3回の地震が連続すると、わずか3時間後に熊本県天草・芦北地方でM5.2・震度3が発生した例がある。

また1995年03月の際には1ヶ月後に種子島近海でM5.1・震度1の揺れがあったが、これら2例以外にM5以上が観測されていた3例はいずれも奄美大島近海での地震を含んでいた。

1965年04月に4連発した時は4日後に奄美大島近海でM5.7・震度3、1967年11月の事例では10日後に奄美大島近海でM5.6・震度4、そして1981年01月のケースでは20日後に奄美大島北東沖M5.5・震度3が起きるとそのわずか5日後に奄美大島近海でM5.5・震度4。

熊本県天草・芦北地方、種子島近海、奄美大島北東沖、トカラ列島近海そして奄美大島近海と、7例中5例で天草灘に近い場所におけるM5以上へと繋がっていたのである。
 

地震予測:2020年02月29日までに九州南部でM5以上の傾向性
対象地域:熊本県・宮崎県・鹿児島県
 

結果:
2020年01月06日 M5.0・震度2 奄美大島北東沖
 

PAGE TOP