2019年12月18日発表の地震予測(19-0093)

 
2019年12月18日に沖縄本島近海で発生したM5.0・震度4の地震で、過去の事例から今後2ヶ月以内に日本国内及びその周辺におけるM7クラス以上に繋がる傾向性があることがわかった。

 

今回の沖縄本島近海における震源付近が過去に同等の深さである30~50kmの範囲でM5.0以上の地震を記録した事例は12例。

それらについて2ヶ月以内の国内発震状況を追跡すると、12例中9例でM6.5以上のM7クラスへと繋がっていたのだ。

またそれらのうち6例ではM7クラス以上が1ヶ月以内に起きていた他、1例は1週間以内というタイミングであった。

沖縄本島近海からわずか2日後に発生していたのは1995年01月17日の兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)M7.3・震度7である。

命名地震が起きていた例としては他にも1931年08月の際に、沖縄本島近海の1ヶ月後にM6.9・震度5が観測された西埼玉地震がある。

1ヶ月以内にM7クラス以上が記録されていたのは兵庫県南部地震の震源だった大阪湾以外では1995年12月の三陸沖M6.5・震度2、2001年05月の択捉島南東沖M6.9・震度2、2004年05月の関東東方沖M6.7・震度1、2008年07月の福島県沖M6.9・震度4と岩手県沿岸北部M6.8・震度6弱、そして2016年10月の鳥取県中部M6.6・震度6弱であった。
 

地震予測:2020年02月18日までに日本国内及び周辺でM7クラス以上の傾向性
対象地域:全国
 

結果:
2020年02月13日 M7.2・震度4 択捉島南東沖
 

PAGE TOP