2019年12月04日発表の地震予測(19-0083)

 
2019年12月03日と04日に茨城県で相次ぎ震度4の地震が発生したことから、今後千葉や福島といった周辺におけるM5以上に繋がっていく傾向性があることがわかった。

 

2019年12月03日10:18 M4.7 震度4 茨城県南部(深さ約60km)
2019年12月04日10:38 M4.8 震度4 茨城県北部(深さ約10km)

茨城県内を震源とし同県内で震度4以上を観測した地震が2日以内に連続して発生した事例は東日本大震災が記録された2011年を除くと過去4例。

それらについてその後のM5以上地震を追跡したところ、4例中3例で1ヶ月以内に福島や千葉におけるM5以上に繋がっていたのだ。

2016年02月07日の事例では12日後に福島県沖でM5.3・震度2。2017年08月の際には8日後に千葉県北西部でM5.0・震度3。また2016年12月のケースでは3日後に福島県沖でM5.4・震度4が起きると、その5日後にも福島県沖ではM5.6・震度4のM6クラスが発生していた。

こうした事例から今後1ヶ月以内の福島県・茨城県・千葉県におけるM5以上に注意しておく必要があると言えるだろう。
 

地震予測:2010年01月04日までに福島県・茨城県・千葉県でM5以上の傾向性
対象地域:福島県・茨城県・千葉県
 

PAGE TOP