2019年08月29日発表の地震予測(19-0055)

 
2019年08月29日に発生した青森県東方沖M6.1・震度3の地震で、付近における過去の事例から今後東北地方太平洋側におけるM6クラスに繋がっていく可能性があることがわかった。

 

青森県東方沖や岩手県沖北部ではM7.9程度のプレート間巨大地震が5~30%、M7.0~M7.5のひとまわり小さいプレート間地震が90%程度と30年以内に高い確率で発生すると地震調査委員会によって予測されていることから、青森県東方沖自体、今後の強い地震に連なっていく可能性も否定は出来ないが、過去の事例では周辺の震源における強い地震を引き起こす恐れがあるようなのだ。

今回の地震が深さ約10kmであったとされていることから、1922年以降、深さ20km以下で発生してきた今回の震源付近における有感地震8例についてその後の国内発震状況を追跡してみると、日本海溝沿いM6クラスが目立つのである。

8例中6例でM5.5以上のM6クラスが起きていた他、3例ではM6クラスが複数回、記録されていたなど東北地方太平洋側における地震活動の活発化を招いていた。

M7以上など被災地震クラスこそなかったものの、今回のM6.1と同規模地震が発生する可能性が東北地方で見られると考えておくべきだろう。
 

地震予測:2019年10月29日までに東北地方太平洋側でM6クラス以上の可能性
対象地域:青森県・岩手県・宮城県・福島県・茨城県・千葉県
 

青森県東方沖今回の震源付近後の東北地方太平洋側M6クラス以上

1933年10月07日 M4.9 震度1  青森県東方沖
1933年11月28日 M5.5 震度1  三陸沖

1937年12月06日 M4.8 震度1  青森県東方沖
1937年12月11日 M5.5 震度3  岩手県沖
1937年12月16日 M5.7 震度3  房総半島南方沖

1950年12月22日 M5.4 震度3  青森県東方沖
1950年12月23日 M5.7 震度3  福島県沖
1951年02月03日 M5.7 震度3  福島県沖

1959年04月15日 M4.4 震度1  青森県東方沖
なし

1967年07月01日 M4.6 震度1  青森県東方沖
なし

1999年10月21日 M4.6 震度2  青森県東方沖
1999年11月15日 M5.7 震度3  宮城県沖

2015年06月10日 M4.4 震度1  青森県東方沖
2015年06月10日 M5.8 震度2  三陸沖
2015年06月11日 M5.9 震度2  三陸沖
2015年06月11日 M5.9 震度3  三陸沖
2015年06月11日 M5.6 震度2  三陸沖
2015年07月10日 M5.7 震度5弱 岩手県内陸北部

2018年11月28日 M5.7 震度3  青森県東方沖
2019年01月26日 M5.6 震度4  岩手県沖
 
結果:

2019年10月12日 M5.7 震度4 千葉県南東沖
 

PAGE TOP