2019年07月27日発表の地震予測(19-0047)

 
2019年07月27日にフィリピン北部でM5以上が連発し死者も出たと報じられている地震に関し、今後日本国内で伊豆・小笠原海溝沿いでの強い地震に繋がる可能性があることがわかった。

今回の地震は07月27日の日本時間午前にM5以上の地震が4回相次いだもので、震源の位置はフィリピン最北端の島付近と伝えられているが、台湾とフィリピンの中間地点とも言っていい場所であった。

07月27日05:16 M5.4 フィリピン
07月27日08:37 M5.9 フィリピン
07月27日10:24 M5.7 フィリピン
07月27日19:11 M5.1 フィリピン

一連の地震はごく近くで集中的に発生し震源の深さもM5以上に関しては10kmと浅かったが、極めて近い場所で過去にM5を超える規模が観測されたのは2回。それらについてその後2ヶ月間の国内発震を追跡してみると、どちらのケースでも伊豆・小笠原海溝沿いでのM6クラス地震が発生していた。1985年06月の事例では4日後に小笠原諸島西方沖でM5.8に、そして2013年04月の事例では11日後に鳥島近海でM6.4にそれぞれ繋がっていたのだ。

ただし、事例が2つと少ないため、次にフィリピンと台湾の間で過去に発生した浅い震源における連発地震の事例について見てみることにする。

付近でM5以上が短期間に複数回連発していた6つのケースについて、同様に2ヶ月間の国内地震を追跡したところ、6例中4例で伊豆・小笠原海溝沿いでのM6クラス以上に結びついていた。

1958年02月の際にはフィリピンでの連発直後に小笠原諸島西方沖でM6.2、1959年06月の時は1ヶ月後に小笠原諸島西方沖でM6.4。

1996年09月の事例ではフィリピン連発と同時と言っていいタイミングで鳥島近海M5.6が起きていた他、2006年10月のケースではフィリピンから約2週間後に鳥島近海でM6.8というM7クラスが発生していたのである。

フィリピンにおける今回の震源至近での地震2例、そして連発地震6例で共に伊豆・小笠原海溝沿いM6クラス以上が比較的短期間の間に発生していたことから、フィリピン海プレート境界の東西で揺れ合う形で波及する可能性があると考えるべきだろう。
 

地震予測:2019年08月27日までに伊豆・小笠原でM6クラス以上の可能性
対象地域:伊豆・小笠原
 

フィリピン今回の震源付近後の伊豆・小笠原M6クラス以上

1985年06月29日 M5.2 震度-  フィリピン
1985年07月03日 M5.8 震度1  小笠原諸島西方沖

2013年04月10日 M5.8 震度-  フィリピン
2013年04月21日 M6.4 震度2  鳥島近海

フィリピン今回の震源周辺での連発後の伊豆・小笠原M6クラス以上

1958年02月18日~02月23日 フィリピンでM5以上4回
1958年02月23日 M6.2 震度1  小笠原諸島西方沖

1959年06月02日~06月02日 フィリピンでM5以上3回
1959年07月01日 M6.4 震度1  小笠原諸島西方沖

1996年09月05日~09月06日 フィリピンでM5以上5回
1996年09月05日 M5.6 震度1  鳥島近海

2006年10月09日~10月12日 フィリピンでM5以上13回
2006年10月24日 M6.8 震度2  鳥島近海

2008年03月28日~04月03日 フィリピンでM5以上5回
なし

2014年11月17日~11月21日 フィリピンでM5以上4回
なし
 
結果:

2019年07月30日 M6.0 震度3 八丈島東方沖
 

PAGE TOP