2019年01月22日までに日本か台湾でM7以上の地震予測

 
10月22日にカナダで発生したM6.5以上の強い地震3連発で、今後3ヶ月以内に日本や台湾でM7以上大地震が起きる可能性があることがわかった。

今回のカナダにおける地震はファンデフカプレート側で発生したが、付近で起きてきた過去10例のうち7例で3ヶ月以内に日本か台湾でのM7以上大地震に繋がっていたためである。

10例中日本国内で大地震が観測されていたのは4例で台湾についても10例中4例であった。中には1978年のようにカナダでM6.1が発生してからわずか17時間後に宮城県沖地震(M7.4)が起きていたケースもあり、直近から気を抜くことは出来ない。

カナダにおける地震の続発も懸念されるが、太平洋プレートを挟んだ日本や台湾においても強い地震に注意しておく必要があるだろう(関連記事)。※2018年10月22日発表。
 
結果:

2018年11月26日 M5.6 震度- 台湾
 

PAGE TOP