2018年11月17日までに南海トラフ関連でM5以上の地震予測

 
10月17日に発生した三重県中部M3.4・震度3について類似条件における過去の地震を追跡したところ、1ヶ月以内に南海トラフに関連した震源でM5.0以上の地震が起きる可能性があることがわかった。

今回の地震は前回09月10日のM3.3・震度2や前々回06月07日のM2.6・震度1と非常に近い場所で発生したが、前回は翌日日向灘M4.0・震度2やその後愛知県東部M5.0・震度4に繋がっていた他、前々回も11日後に大阪府北部でM6.1・震度6弱など南海トラフ関連での地震が目立っていたためだ。

大阪府北部以外にも三重県中部での地震から5日後に大隅半島東方沖でM5.6・震度4やその後広島県北部M5.0・震度4など南海トラフに関わりの深い場所で強い揺れが複数回起きていたのである。

更に今回の震源に近い場所が揺れていた1953年07月20日のケースでも2日後に大分県南部M4.5やその8日後に安芸灘でM5.6と共通性が見られている(関連記事)。※2018年10月17日発表。
 
結果:

2018年11月02日 M5.4 震度4 紀伊水道(関連記事
2018年11月05日 M5.0 震度3 奄美大島北東沖(関連記事
2018年11月16日 M4.8 震度- 愛知県東部(関連記事
 

PAGE TOP