2018年11月11日までに南海トラフ関連で震度5強以上の地震予測

 
09月11日に日向灘で発生したM4.0・震度2の地震で、ごく近い場所で起きてきた事例のいずれもが、その後南海トラフ関連における震度5強以上に繋がっていたことがわかった。

これは日向灘におけるM4.0の震源に近い場所で過去に発生した地震3例について調べたところ、そのいずれもにおいて南海トラフ関連震源での震度5以上が確認されたというもの。

2015年のケースでは1週間後に徳島県南部M5.0・震度5強、2015年には1ヶ月後に大分県南部M5.7・震度5強、そして2000年の事例では日向灘が揺れてから3週間後にM7.3・震度6強の鳥取県西部地震が起きていたのである(関連記事)。※2018年09月11日発表。
 
結果:

2018年11月02日 M5.4 震度4 紀伊水道(関連記事
 

PAGE TOP