2018年11月10日までに南海トラフ関連震源でM5以上の地震予測

 
09月10日に発生した三重県中部M3.2・震度2の地震で、同緯度・同経度における近い深さで過去に起きてきた地震について追跡したところ、その後南海トラフ関連震源でのM5以上が目立っていたことがわかった。

6例中4例で南海トラフ関連の震源でM5以上が記録されており、三重県南東沖M5.6や奈良県M5.5、愛媛県東予M5.4などが発生していたほか、1984年のケースでは三重県中部で地震が起きるとその12日後に日向灘でM7.1・震度4という大地震が起きていたのだ(関連記事)。※2018年09月10日発表。
 
結果:

2018年09月22日 M5.5 震度1 沖縄本島近海
2018年10月07日 M5.1 震度4 愛知県東部(関連記事
2018年11月02日 M5.4 震度4 紀伊水道(関連記事
2018年11月05日 M5.0 震度3 奄美大島北東沖(関連記事
 

PAGE TOP