2018年07月12日までに伊豆・小笠原でM5以上の地震予測

 
05月12日に長野県北部M5.2・震度5弱と伊勢湾M3.8・震度2が立て続けに起きた件で、両震源が短時間の間に揺れあった場合、その後伊豆・小笠原における地震に繋がる傾向があることがわかった。

長野県北部と伊勢湾が24時間以内に双方で揺れ合っていたケース過去6回について、その後2ヶ月以内に起きていたM5以上の地震を追跡すると、伊豆・小笠原における地震が目立つのだ。

1986年には鳥島近海M5.3、2001年は小笠原諸島西方沖でM5.3・父島近海M5.9、2005年の事例では鳥島近海M5.4・八丈島近海M5.3・父島近海M5.7。

更に2015年の際には小笠原諸島西方沖でM8.1という巨大地震が起きていたのである(関連記事)。※2018年05月12日発表。
 
結果:

2018年07月12日 M5.1 震度- 硫黄島近海(関連記事
2018年07月12日 M5.0 震度- 硫黄島近海(関連記事
 

PAGE TOP