2018年06月05日までに北海道東部方面でM5以上の地震予測

 
05月05日にハワイで発生したM6.9の地震で、周辺における揺れがその後北海道東部方面での地震に繋がる傾向があることがわかった。

ハワイ周辺で20世紀以降に起きてきた5回のM6.5以上地震についてその後日本国内でどのような地震に繋がっていたか追跡してみると、北海道東部方面におけるM5以上が目立っていたのだ。

1983年には上川地方中部M5.3や択捉島付近M5.6、それに釧路沖M5.6。1975年の際には半月後にかけて北海道東方沖と根室半島南東沖でM5.0からM5.6の規模の地震が4連発していた。

また1983年にはハワイから4日後に択捉島南東沖でM6.1、そして2006年のケースでは1ヶ月後に千島列島でM8.1という巨大地震を引き起こしていたのである(関連記事)。※2018年05月05日発表。
 
結果:

2018年05月18日 M5.8 震度4 釧路沖
2018年06月02日 M5.5 震度2 択捉島南東沖
 

PAGE TOP