過去の地震データを解析し今後の傾向性分析を行っている合同会社イイチロでは「企業向け 海外地震レポート」の発行と共に、海外地震のデータ解析と危険度計測に利用している自社開発システムEDAS2.1(Earthquake Data Analysis System)を活用した個別の地震詳細解析コンサルティングサービスも提供しています。

当社の地震データ解析技術「EDAS2.1」によって希望する国や地域における地震データ解析を行いきめ細かな危険度計測を実施、貴社の国際ビジネス活動を個別にサポート致します。

多重データ解析を核とするEDAS2.1では、複数の場所で発生した複数の地震データから導き出される傾向性を重ね合わせ、共通する特徴を抽出すると共に、2018年05月以降に当社が利用してきたEDAS1.0で培った経験値を活かし編み出した複数の独自指標を採用、多重データ解析の精度を高めています。

豊富な独自指数は発生地震が再度付近で起き得る可能性を指数化している他、遠隔地で発生した地震が他地域に及ぼす影響量や地震が発生した時期の重要度調整を指数化するなど様々な要素から構成されており、EDAS2.1では直近の地震発生動向から異常値を検出する直前地震異常値検知機能を搭載、データ解析の精度向上に役立っています。

EDAS2.1を活用した特定の国や地域における詳細解析をご希望の場合、当社との個別コンサルティング契約により提供致します。世界各国・各地域の他、EDAS2.1を使用した日本国内の地震データ解析と危険度計測が必要な場合もご相談下さい。

また「海外地震レポート」に掲載されている、当社が計測した危険度や発生率データなどの営利利用をご検討の場合にも当社との個別コンサルティング契約が必要となります。

下記のフォームよりお問い合わせ下さい。
 


 

PAGE TOP