地震予測事業

現在の科学技術で予知は困難、との共通認識が広がっている地震発生予測。しかし、東日本大震災以降も平成28年熊本地震、2018年の大阪府北部地震や平成30年北海道胆振東部地震など被災地震が続いているばかりか、南海トラフ巨大地震に首都直下地震、それに千島海溝沿いに切迫しているM9クラスなど今後更に大きな被害をもたらすであろう地震が控えていると考えられています。

こうした環境の中、専門家が活断層や海溝の調査による地震発生メカニズムの解明に力を注ぐ一方で、様々な専門機関・組織が多様な手法による地震発生予測技術の開発に努める中、当社では地震発生予測を過去の地震発生データに基づいた傾向性分析を用いる手法で、今後起こり得る地震の予測を行っています。

過去の地震発生データから共通性のある地震を抽出しその後の発震状況を追跡することで次にどこが揺れやすいのかを解析し次の地震発生傾向を予測。過去データからの地震予測は南海トラフ巨大地震や首都直下地震の30年以内発生確率を予測している政府機関も取り入れている手法です。

当社独自の分析・解析技術EDAS1.0(Earthquake Data Analysis System 1.0)による地震発生予測は210事例中147予測で的中、40予測で一部的中という精度であり、その的中率は79.5%です(2018年05~2020年04月期限予測)。

また当社では2020年01月にEDAS2.0(Earthquake Data Analysys System 2.0)を導入、従来の過去データからの地震予測を多地点におけるデータを多重解析する手法に進化させ、更に精度を高めています。

EDAS2.0では多重データ解析の他、様々な独自指数を用い、危険度計測に役立てています。同一地点における地震再発指数や遠隔地における発生地震の影響度指数、発生時期重要度調整指数など多岐に渡る独自指数の採用により解析精度を更に高めており、この技術は「海外地震レポート」と「地震データ分析サービス」に活かされています。

(※EDAS2.0の国内地震への採用は2020年春~夏を予定しており、国内地震予測は現在、EDAS1.0を使用)

当社ではEDAS1.0による地震発生予測の対象地域と期限を明示すると共に、当社地震予測の的中結果について毎月集計しプレスリリースとして公開することにより事業実績の透明性を高めるよう努めています。

当社地震予測の配信・配布をご希望の場合、また当社所有の地震発生予測技術・ノウハウを利用した事業のご提案がある場合、フォームよりお問合せ下さい。
 

地震データ提供事業

当社では地震データ解析システム「EDAS2.0シリーズ」のデータベースと解析技術を活用した地震分析データの提供事業を行っています。

2020年02月には「EDAS2.0シリーズ」のデータベースと解析技術および「地震NEWS」で培った記事制作ノウハウを用いた「地震情報記事自動制作サービス」もリリースしました。

これは当社の地震データ解析システム「EDAS2.0シリーズ」のデータベースから必要な情報を必要な形で抽出、レポートとして提供するサービスです。

報道機関やメディア・制作会社の要望に沿ったデータを当社の地震データ解析システム「EDAS2.0シリーズ」から抽出し提供することで、これまで時間と工数が必要だった詳細な地震データや地震分析データを安価に入手可能となり、マスコミの地震情報提供体制強化や企業・機関のBCP対策の一環としてお役立て頂けます。
 

メディア事業

地震に関する様々な情報が求められる中、地震発生に関するニュースに物足りなさを覚えることはないでしょうか。

「本日○○○で震度○の地震が発生しました。この地震による津波の心配はありません」必要とされているのはこのような情報だけではなく「付近に活断層はあるのか」「最近地震は起きていた場所なのか」「今後強い地震は起きるのか」といった内容ではないのでしょうか。

当社では地震速報だけでなく、発生した地震についての様々な情報を解説し記事としてお届けするWebサイト「地震NEWS」を運営、メディア事業にも力を注いでいます。

「地震NEWS」でご提供するコンテンツにはEDASによる予測情報も含まれ、高い付加価値として評価頂いています。

こうした姿勢から読者アンケートでは87%という高い評価を獲得しています(2018年12月現在)。

当社コンテンツは高い評価を得ており、「地震NEWS」はBiglobeニュース、Exciteニュースにも採用され多くの方々にご購読頂いています。
 

Webコンサルティング事業

当社では企業のWeb活用をトータルにサポート、戦略立案から構築・運用まで支援するサービスを提供しています。

特に自社メディア運営によって醸成したコンテンツ企画・制作スキルを通じて対顧客・ユーザーコミュニケーションを深化させると共に企業への満足度向上に注力したご提案を心がけています。

当社顧客である観光農園様ではこれまで各種果物銘柄の収穫時期の違いを顧客からの電話問い合わせに応じ個別に説明していましたが、当社からの提案でWebサイトを構築、ブログ形式で農園の状況を日々告知することで顧客からの電話問い合わせに係るコスト低減に成功すると共にWebサイトを通じた顧客接点の拡大効果からリピート需要の喚起に成功しています。

またメールやWebサイト上からの注文に対応することで電話では煩雑だった複数の発送先への対応も簡素化された上、テキスト情報を入力頂くことで発送先住所や氏名の正確性も増したと好評を頂いています。

こうした成功事例の裏には初回訪問のお客様向けの農園紹介やアクセスといったベーシックな情報の動線設計に加え、ロイヤリティ顧客向けのアクティブな情報提供体制の構築、SNSを利用した双方向コミュニケーションといった当社のノウハウが活かされています。

当社へのWebコンサルティング・Webインテグレーション支援のご依頼はフォームよりご連絡下さい。
 

PAGE TOP