地震情報記事自動制作サービスとは

当社の地震情報自動記事制作サービスは地震データ解析システム「EDAS2.0シリーズ」の最新版「EDAS2.1」の持つデータベースから顧客のニーズに合致する形で地震情報を抽出し記事として提供致します。

記事制作にあたっては当社が開発した記事自動作成支援システムを活用することで省力化に伴う低コストを実現している他、自動化ならではの短時間納品が可能となっています。

地震情報記事自動作成支援システムについて

過去の地震発生事例とその後の発震状況により地震発生の傾向性を分析し予測に繋げる事業を行っている当社が開発した記事自動作成支援システムは、地震データ解析システム「EDAS2.0シリーズ」の最新版「EDAS2.1」から抽出したデータを3つのブロックにおいて記事中に自動配置することを可能にしています。

記事自動作成支援システムが出力する地震データは「基準地震ベース情報ブロック」「基準地震過去データブロック」「過去事例データブロック」の3カテゴリーから構成されており、「地震NEWS」ではそれぞれにおいて以下の情報を記事中に自動挿入しています。(抽出する情報は自由設定可能)

地震情報記事自動作成支援システム活用の一例(「地震NEWS」の場合)

1.基準地震ベース情報ブロック
・発生日時
・震源地
・マグニチュード
・震度
・深さ

2.基準地震過去データブロック
・前回発生地震からの日数
・前々回発生地震データ
・今年の発生地震数
・前年の発生地震数
・過去の発生地震数(全有感地震数、M5.0以上地震数、M6.0地震数、M7.0以上地震数)
・過去最大の地震データ(発生日・マグニチュード・深さ)※M7.0以上対象

3.過去事例データブロック
・類似過去事例の抽出データ
・2ヶ月以内M6クラス発生数と震源
・1週間以内M6クラス発生数と震源
・2ヶ月以内M7以上大地震発生数と発生日・規模・震源

以下の画像は地震情報記事自動作成支援システムを利用して自動的に生成され、当社が運営する地震解説メディア「地震NEWS」に掲載された記事です。以下の記事は赤字部分が「EDAS2.1」から自動的に抽出され、「EDAS2.1」により作成されました。

【地震NEWS】2020年02月20日千葉県北東部でM4.5・震度4、9ヶ月ぶりの震度4以上

地震情報記事自動制作サービスサンプル画像(国内)

また、海外の地震にも対応しています。

地震情報記事自動制作サービスサンプル画像(海外)

当社では「地震NEWS」に地震情報記事自動作成支援システムを適用し、地震分野に求められる迅速な情報提供を実現しています。

このようなニーズに応えます

1.BCP対策の一環に企業独自の詳細な地震情報の活用を

全国に支社・支店を持つ企業や南海トラフ巨大地震や首都直下地震に代表されるよる被害が想定される地域の企業にとり、地震活動に関する情報の収集と共有、そして対策は喫緊の課題です。

「**時**分頃、*****で震度*の地震が発生しました。この地震による津波の心配はありません」

このような速報ベースの情報が報道の大部分を占め、価値の高い分析情報に乏しい地震分野において、当社の地震データ解析システム「EDAS2.1」を利用した地震情報記事制作サービスにより、専用データベースの構築や専門スタッフを配置する必要なく、高品質で独自の地震情報を安価に入手することが可能となります。

特定の地域における地震に特化した情報構築も可能な当社の地震情報記事自動制作サービスを、企業のBCP対策の一環としてご活用下さい。

2.メディア・報道機関の一歩進んだ読者への地震情報提供に

迅速性が期待される地震分野では速やかな記事配信が優先され、多くのメディア・報道機関が速報ベースの情報にとどまっているのが現状です。

当社の地震データ解析システム「EDAS2.1」を活用した地震情報記事自動作成支援システムによる記事自動制作サービスが、迅速性と網羅性を両立した記事の提供を可能にします。

記事のフォーマットと抽出するデータは自在に設定可能のため、独自仕様に基づいた記事の構成により納品致します。

3.大学・研究機関の地震観測用資料に

大学や研究機関の地震調査・観測用資料としても当社の地震情報記事自動制作サービスは有効です。必要な情報を事前に定義したフォーマットに基づいて記事として速やかに提供するため、地震の定点観測用資料としてもご活用下さい。

機能

地震データ解析システム「EDAS2.0シリーズ」から抽出可能な機能については「地震データ分析サービス」をご覧ください。

EDAS2.0シリーズとは

当社では現在、2020年01月にリリースした「EDAS2.0シリーズ(Earthquake Data Analysis System)」の最新バージョン「EDAS2.1」と、2018年05月から運用している「EDAS1.0」をそれぞれ海外地震予測と国内地震予測に利用しています。

EDAS1.0の単地点地震データ解析機能に対しEDAS2.0シリーズは「多地点・多重地震データ解析機能」「直前地震異常値検知機能」「危険度指数計測機能」「地震発生率計測機能」「独自指数機能」を搭載し、現在地震データ分析サービスをはじめ、当社運営の地震解説メディア「地震NEWS」でも活用されています。

また、当社が発行する無料の新着情報メールマガジン内に掲載している「マル秘地震予測」においても、「EDAS2.1」による解析データと予測情報を掲載しています。

価格・お問い合わせ

詳しくはフォームよりお問い合わせ下さい。
 

PAGE TOP