海外地震発生とEDAS2.1の予測について(2020年03月23日 M6.1 東太平洋海嶺)

 
2020年03月23日に東太平洋海嶺でM6.1の地震が発生しました。

 

当社の地震データ解析システム「EDAS2.1」では東太平洋海嶺における地震発生の可能性について危険度を計測していませんでした。

東太平洋海嶺では過去1ヶ月間のM4.5以上地震発生数が過去の平均値より少なく、また東太平洋海嶺を含む南太平洋方面でも過去の平均値より少なかったこと、最近の地震における過去の地震データからも、東太平洋海嶺での強い地震に繋がっていた実績はありませんでした。

一方で、直近のデータでは東太平洋海嶺の周辺震源である中米沖合では危険度が103%、チリ海嶺でも危険度が102%となっていました。
 

危険度は当該国・地域において2ヶ月以内にM6.5以上の地震が発生する確率を通常の状態と比較した数値で、危険度200%は当該国・地域で通常より2倍の確率で強い地震が起きる可能性があることを示しています。

詳しくは「EDAS2.1の機能・特徴」ページをご覧ください。

またEDAS2.0シリーズのこれまでの予測結果は「地震データ解析システム「EDAS2.0」シリーズの地震予測結果」ページをご参照下さい。
 

関連記事

  1. 181023eyecatch1200x630

    海外地震発生とEDAS2.1の予測結果について(2020年05月07日…

  2. 181023eyecatch1200x630

    海外地震発生とEDAS2.1の予測について(2020年03月18日 M…

  3. 181023eyecatch1200x630

    EDAS1.0の予測に対応する地震発生について(2020年04月12日…

  4. 181023eyecatch1200x630

    当社発表予測(19-0069)対応地震発生のお知らせ

  5. 181023eyecatch1200x630

    当社発表予測(19-0087)対応地震発生のお知らせ

  6. 181023eyecatch1200x630

    国内地震発生とEDAS2.1の予測について(2020年04月18日 M…

  7. 181023eyecatch1200x630

    海外地震発生とEDAS2.1の予測について(2020年02月09日 M…

  8. 181023eyecatch1200x630

    EDAS1.0の予測に対応する地震発生について(2020年05月04日…

PAGE TOP