【プレスリリース】「地震データ解析システム EDASシリーズ」の2020年01月地震予測結果について

 
独自開発の地震データ解析システム「EDASシリーズ」による地震発生予測と地震解説メディア「地震NEWS」を提供している合同会社イイチロは、2020年01月に発生した地震に対応していた予測及び2020年01月に期限を迎えた地震発生予測の結果を以下の通り発表します。

 

————————————————————
地震データ解析システム「EDAS2.0シリーズ」と「EDAS1.0」について
————————————————————
当社では現在、2020年01月にリリースした「EDAS2.0シリーズ(Earthquake Data Analysis System)」の最新バージョン「EDAS2.1」と、2018年05月から運用している「EDAS1.0」をそれぞれ海外地震予測と国内地震予測に利用しています。

EDAS1.0の単地点地震データ解析機能に対しEDAS2.0シリーズは「多地点・多重地震データ解析機能」「直前地震異常値検知機能」「危険度指数計測機能」「地震発生率計測機能」「独自指数機能」を搭載し、現在「企業向け 海外地震レポート」「地震データ解析コンサルティング」サービスに適用しています。

EDAS2.0シリーズの機能・特徴
企業向け 海外地震レポート

————————————————————
EDAS2.1が計測していた2020年01月の海外地震
————————————————————
海外地震予測に適用しているEDAS2.0シリーズは2ヶ月以内にM6.5以上の地震が発生する可能性を「発生率」「危険度」として数値化しています。

「危険度」はそれぞれの国や地域が現在、通常に比べどの程度地震発生の危険性が高まっているかを示す指標で、危険度200%の場合、当該国・地域では通常に比べ2倍の確率でM6.5以上の地震が起きやすい状態であることを示しています。

2020年01月に発生したM6.5以上地震は01月24日のトルコM6.7と01月29日のジャマイカM7.7の2回でした。

01月24日にトルコで発生したM6.7の地震に対しては当社EDAS2.1が危険度121%と計測しており、M6.7発生前日の時点でトルコにおけるM6.5以上地震発生の確率は30.7%と高くなっていました。

一方、これまでにM6.5以上の地震が過去1度しか観測されてこなかったジャマイカにおける01月29日のM7.7について、当社のデータ解析システムEDAS2.1では危険度は未計測でしたが、01月27日発行の「海外地震レポート」において「中南米で高い状態」として中南米付近において強い地震が発生する危険性が高いと指摘、「同地域で複数国の危険度が高い場合は周辺諸国でも要警戒だ」と注意を呼びかけていました。

それ以外に発生した多くの地震でEDAS2.1は通常より危険な状態であると計測していました。

■2020年01月に発生したM6.0以上地震と発生前に計測していた危険度
危険度208% 2020年01月19日 M6.0 インドネシア
危険度203% 2020年01月20日 M6.1 南サンドイッチ諸島
危険度197% 2020年01月29日 M6.0 ソロモン諸島
危険度190% 2020年01月26日 M6.1 アリューシャン列島
危険度180% 2020年01月09日 M6.3 ロシア
危険度175% 2020年01月18日 M6.0 インドネシア
危険度133% 2020年01月07日 M6.2 インドネシア
危険度131% 2020年01月27日 M6.3 ソロモン諸島
危険度121% 2020年01月24日 M6.7 トルコ
危険度113% 2020年01月07日 M6.0 パプアニューギニア
危険度108% 2020年01月19日 M6.0 中国
危険度103% 2020年01月23日 M6.2 アリューシャン列島
危険度未計測 2020年01月29日 M7.7 ジャマイカ

EDAS2.0シリーズの地震予測結果

————————————————————
EDAS1.0による地震予測結果
————————————————————
2018年05月から国内地震予測に適用しているEDAS1.0による地震発生予測のうち2020年01月が期限であった予測とその結果は以下の通りでした。

■EDAS1.0 2020年01月期限予測結果
予測数   17
的中数   16
一部的中数 00
不的中数  01

的中率  94.1%
(※的中を1ポイント、一部的中を0.5ポイントとして算出)

■EDAS1.0 2018年05月からの累計予測結果
予測数   177
的中数   120
一部的中数 35
不的中数  22

的中率  77.7%
(※的中を1ポイント、一部的中を0.5ポイントとして算出)

■主な予測と発生地震
2020年01月期限のEDAS1.0による予測では、M6クラスの発生予測が目立ち、対応する地震がそれぞれで観測された。

19-0069と19-0077、19-0080では伊豆・小笠原やフィリピンプレートにおけるM6クラス発生の傾向性があると指摘したところ、2019年12月11日の鳥島近海M5.9や2020年01月05日の硫黄島近海M5.8・震度1が発生した。

また東北地方太平洋側においては19-0071と19-0079でM6クラスの可能性を指摘したところ、2019年11月29日の三陸沖M5.6・震度3や2019年12月19日の青森県東方沖M5.5・震度5弱、そして2020年01月03日の千葉県東方沖M5.8・震度4がそれぞれ対応地震として発生した。

特に19-0074では2019年11月05日に「三陸沖周辺でM6クラス以上」としたところ、前述の通り2019年11月29日に三陸沖でM5.6・震度3が起きていた。

他にも19-0081で「北海道から千島列島にかけてM6クラス以上」と予測したところ2019年12月05日に千島列島でM5.8・震度1が、19-0078で「相模トラフから南海トラフでM6クラス以上」と予測したところ2020年01月03日に千葉県東方沖でM5.8・震度4が発生した。

詳細は以下のURLをご覧ください。
EDAS1.0の2020年01月期限地震予測結果

EDAS1.0の最新予測はこちらから。
FORECAST

————————————————————
合同会社イイチロ 最近のお知らせより
————————————————————
企業向け海外地震レポート<国別予測危険度指数表示>創刊のお知らせ

企業の海外事業・海外展開において地震がもたらす5つのリスクを低減します。
1.現地支社・支店の稼働リスクを低減
2.現地スタッフの被災リスクを低減
3.本社スタッフの出張リスクを低減
4.外部企業との取引リスクを低減
5.企業全体の経営リスクを低減

企業向け 海外地震レポート

EDAS2.0を2.1にアップデートしました

【無料】新着情報メールマガジン発行のお知らせ

————————————————————
地震NEWSもどうぞ
————————————————————
当社運営の地震解説メディア「地震NEWS」において、地震解説記事に地震発生予測を利用しています。「地震NEWS」もご利用下さい。

————————————————————
本件に関するお問合せ先
————————————————————
合同会社イイチロ

〒163-0532
東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル32F
03-5322-2895
https://iichiro.com/contact/

コーポレートサイト:https://iichiro.com
地震NEWSサイト   :https://jishin-news.com
 

関連記事

  1. 181023eyecatch1200x630

    【プレスリリース】「データ解析による地震予測」合同会社イイチロ2019…

  2. 181023eyecatch1200x630

    【プレスリリース】「地震データ解析システム EDASシリーズ」の202…

  3. 181023eyecatch1200x630

    【プレスリリース】「データ解析による地震予測」合同会社イイチロ2019…

  4. 181023eyecatch1200x630

    【プレスリリース】地震NEWSにおける発震傾向性集計「次に揺れるのは」…

  5. eyecatch600x338

    【プレスリリース】2018年05月~09月期限の地震発生予測結果「86…

  6. eyecatch600x338

    【プレスリリース】2019年01月期限の地震発生予測結果「89.3%」…

  7. 181023eyecatch1200x630

    【プレスリリース】「データ解析による地震予測」合同会社イイチロ2019…

  8. 181023eyecatch1200x630

    【プレスリリース】海外における地震発生予測の提供開始について

PAGE TOP